株式会社テリオ

カテゴリーアーカイブ: ふくろう通信

ふくろう通信 一覧へ戻る 魔訶般若波羅蜜多心経  まかはんにゃはらみたしんきょう 古稀こきの春 (三島・龍澤寺 中川 宋淵老大師) 令和3年3月5日  なんとも心に深く沈む、重い報告が届いたものである。 雪竹正英氏の死去…

続きを読む

ふくろう通信 一覧へ戻る ひたすらに風が吹くなり大旦 (三島・龍澤寺 中川 宋淵老大師) 天に地に霊気みなぎる心の春を迎えました。清々しい冷気のなか、静かに一炷坐り生気を養う。混迷を深める新しい歳を「一大事とは只今のいま…

続きを読む

色葉散る人もちりちる 日の光 (三島・龍澤寺 中川 宋淵老大師)  年惜しむという季語が、実感として胸に迫って来る頃となった。 あっという間に過ぎ去った一日一日が、実に濃厚な時間となって、心に重くのしかかって来る。 あと…

続きを読む

常夏の常世の花のひとつづ、 (三島・龍澤寺 中川 宋淵老大師)  娘の三十三回忌を激しい雨の中で、無事に終えることが出来た。 ホッとしたというか、大きな心の荷物を下ろしたというか、誠に感慨深いものがある。忌いまわしい海の…

続きを読む

土地ブローカーとなりつつ       僧の冷奴 (三島龍澤寺 中川 宋淵老大師)  久し振りに三島の龍沢寺の先師、宗忠老大師の夢を見た。長い間、参禅してお世話になった、かけがえのないご老師である。 過日、高知の長谷ちょう…

続きを読む

青葉して彼岸の人を        まのあたり (三島龍澤寺 中川 宋淵老大師)  TFS国際税理士法人 理事長 山崎 泰氏の創業15周年の会に参加した。 帰りにお土産として上甲 晃氏の「デーリーメッセージ 日々新た」とい…

続きを読む

立ち返り立ち返りつつ        祖師の春 (三島龍澤寺 中川 宋淵老大師) 元朝の粛々とした冷気にひたり、静かに一炷いっちゅう坐り、自らの来し方を正す。半寿も過ぎました。体力、気力に余力のある新年の挨拶を以て結びとし…

続きを読む

暖かき人の心が         佛にて (三島龍澤寺 中川 宋淵老大師)  先日、ある若い従業員から「うちの会社は、どうして毎月の給料を振り込みにしないのですか。」という質問を受けた。 もっともな意見であり、物事を合理的…

続きを読む

涼しさに星座それぞれ        あらはれし (三島龍澤寺 中川 宋淵老大師)  10年ぶりに胃と腸の内視鏡検査を妻と共に受けた。 内視鏡検査を受ける最初のご縁を下さったのは、ロータリークラブの仲間で尊敬する外科医、林…

続きを読む

くちなしの花より暁けて         接心会 (三島龍澤寺 中川 宋淵老大師)  6月は結婚シーズンであるという。ジュンブライトといって、この季節に結婚するカップルは、幸せになれるといわれている。 私の家の裏にお住いの…

続きを読む

10/46